安倍総理辞任

2018年8月7日の広島原爆の日の首相の言葉。

「広島、長崎の悲劇を再び繰り返してはならない。唯一の戦争被爆国として、(核兵器のない世界)の実現に向けて、粘り強く努力を重ねていること。それは、我が国の使命です」

こういう男を口先だけの尻軽人間という。その場を取り繕い、いくらでも調子のいいごまかしの言葉が吐ける。

唯一の被爆国の責務は、核兵器禁止に向け、世界をリードすること

それもせずにひたすら米国にすりよる忠犬外交

この男(いや失礼、まがりなりにも一国の首相)は壇上で話しながら裏で舌を出している、原爆被害者は浮かばれない。

 

大阪弁で言えば「トットと消えろ、クソ」

心ある人は、口には出さないが演説する首相の姿を見てそのように思っている

(私は心が無いので、思うだけでなく口にも出すが)

尤もそのようには思えない、思慮なく今がよければの連中も多い

だが、思慮の浅い今さえよければの連中のおかげで自民党は政権が維持できる、ああありがたや

 

(2014年6月のつぶやき)

安倍政権の社会経済政策の重要課題が「人口急減の克服」だそうな。そのために総合戦略本部を設け、「東京一極集中」是正にも取り組むそうな。30年前の新聞の見出しを見ているのか、いやまぎれもなく2014年6月2日の朝刊だ。

それにしても政治家はいい身分だ。30年前にやるべきことをせず、今になり戦略本部だ。

会社も倒産寸前にはやたら戦略本部が増える。戦略という言葉で煙に巻き、お茶を濁すのか。戦略という言葉の語感で何かが動くと錯覚するのか。30年間の議員報酬を返してから戦略本部をつくってくれ。まさかそれも第三の矢とは言わないだろうな。

 

G7の安倍首相記者会見がNHKの夜のニュースに合わせて始まった。丁寧にキャスターの首相発表の念押し、要点まとめつきだ。質問は事前確認済で、準備した原稿が読みあげられる。10秒左を向き、次に10秒間右を向いて喋る。国会でも、テレビ討論でも、選挙カーの演説でも同じパターンだ。質問の一番バッターはNHK。まるで神輿を担いだ独演会だ。

その会見で首相は、得々とアベノミクスの成果を語る。アベノミクスの3本の矢の御かげで、15年の間、動かなかった経済が動いたでしょ。15年の中の自身の1年を忘れている。大半が自民党時代だったことも忘れている。

以上は、以前に「つぶやき」でつぶやいたことの一部

2020年8月、安倍は首相を辞任すると発表した

結局、スローガンだけを架け替え続けて、「やる」と見せかけて引き延ばしを図っただけの長期政権だった。まるで「政治詐欺」の時代だった

結局、国のために功と益になることは何もしなかったのが安倍政治。

 

ストレスがたまり潰瘍性大腸炎が悪化し、首相を続けられないという

ストレスに耐えられないなら最初から首相をするな

首相となればストレスはつきもの、何を甘えたことをぬかす

 

辞めるなら己の尻を拭いてから辞めろ

森友も加計も桜も、疑惑の尻を拭いてから辞めろ

新型コロナも「日本モデル成功」云々の啖呵を切った責任をとってから辞めろ

中途半端に何もかもほったらかしやがって

人に尻まで拭かせるな

 

安倍の後、首相になると思われる人間は安倍政権をしっかりひきつぐという。何を馬鹿なことを言う。引き継ぐ何があったのだ。よく考えてから物を言え

派閥と権力への執着だけで首相が決まる。政治家としての夢、理想、ビジョンは何もない

ただ権力、地位への執着だけ。そんな輩に日本が引きずられ続ける

そして、そんな自民党を支え続ける目の前の金にだけに執着する思慮浅い党員や支持者もいる。いつから日本は理想も持てないゲスな国になったのか